フィールドナースへの転職の前に

フィールドナースは今注目の職業ですが、転職にはちょっと注意も必要です。フィールドナースの仕事自体は看護師としての経験をしっかり活かせるものの、根本的に異なる仕事となるのを理解しなくてはなりません。

例えば最も大きく異なるのは患者さんとの関わりが無くなる事です。病院や施設での仕事は大変ですが、何だかんだと言って患者さんとの関わりが仕事の励みになっていた看護師は多いでしょう。しかしフィールドナースは医療関係者への営業業務ですから、医療機関へ行く事はあっても患者さんと関わる事はありません。結果的に患者さんの為の仕事とは言え、その点で大きく異なる事を覚えておきましょう。

また看護師と違って営業成績を上げねばならないプレッシャーもあります。そして一般的には土日祝休みで残業も少ない職場となりますが、業績が悪ければ残業が続くかもしれません。何よりも営業との仕事が看護とは全く違う仕事なのです。

フィールドナースとして働く私としてはお薦めの職業ですが、必ずしも誰にでも可能な仕事ではないと思います。

一般企業は病院よりもずっと魅力的な待遇を受けられます

フィールドナースをはじめとする一般企業への転職は看護師に非常にお薦めだと思います。看護の仕事の基本は病院にありますが、より働き易い職場や待遇の良い職場を探したい方は一般企業の求人にも目を向けるべきです。病院以外でも看護師の能力を発揮出来る職場は多々あるのです。

例えばフィールドナースの年収は400万円~600万円です。これは病院看護師と大差ない金額に見えますが、フィールドナースの場合は夜勤が無い事に注目して下さい。月6回以上の夜勤と40時間以上の残業をこなしてようやく年収500万円…といった看護師にとっては魅力的な金額ではないでしょうか。

また治験関係ですともっと待遇は良くなります。初年度は400万円前後と変わりませんが、経験や実績に応じて800万円前後まで上がっていきます。中には1000万円を稼ぐ看護師も居るそうですね。

企業の医務室勤務となると300万円~500万円程度ですが、夜勤は勿論のこと残業も殆ど無い事を考えると良待遇と言えるのではないでしょうか。但し企業によっては夜勤がある所もあり、その場合は給料も上がる傾向にあるようですよ。

病院以外の転職情報の詳細は⇒企業の看護師求人 |病院以外の転職先なら一般企業!

日本医療機器販売業協会(JAHID)
臨床試験受託事業協会

医療の現場を支えるフィールドナースの仕事はお薦めです

最近フィールドナース(クリニカルコーディネーターと呼ばれる事もあります)という職業が看護師の間で注目を浴びていますよね。医療機器や医薬品メーカーの営業として活躍をするフィールドナースの仕事は私的にかなりお薦めだと思っています。

私自身も今現在フィールドナースとして活躍をしていますが、病院看護師からの転職に迷いが無かった訳ではありません。同じ医療に携わる仕事とは言え病院での業務とは大きく異なり、自分に出来るだろうか?と不安に駆られたりもしました。

しかし思い切って飛び込んで見ると思いの他面白い仕事なんです。勿論慣れるまでに苦労は多々ありましたが、病院看護師として働いた経験を予想以上に活かす事が出来るんです。そして違った面から自分のかつての職場である病院の医療に携わる事で新しい発見もありました。より良い医療を作り上げて行く為にはフィールドナースの仕事も非常に重要なんですよね。

病院での仕事は看護師の基本となりますが、もっと違う仕事を求めるのであればフィールドナースの仕事に挑戦してみるのも良いと思います。